The value of information is "UTILIZATION"
情報の価値は、
「活用」にある。

現存のドキュメントを活用したいと思っても、
こんな問題がありませんか?

  • 紙文書しかないので、改訂や再利用ができない。

  • 文書の作成ルールがないから、再利用に手間がかかる。

  • 作成したアプリケーションが古くて開けない。

  • PDFはあるけれど、活用に限りがある。

これらの問題は、業務の非効率化や生産性の低下を招くことになりかねません。
活用ができるドキュメントこそが価値ある情報資産。
活用できるデータ(情報)は「働き方改革」にも貢献します。
解決のヒントはNA-MUにあります。

Documentation Assistance powered by NA-MU

NA-MUのドキュメントワーク

NA-MUは、ドキュメント制作に携わって35年以上、
さまざまな分野の文書作成から保管、活用方法まで、
生産性を向上させるご提案を行っています。

Solutions to use Data

データ活用へのソリューション

NA-MUでは、既存ドキュメントのデジタル化・更新・転用のご提案だけでなく、ドキュメントコンテンツをシステムと連携することによって、新たな活用を創生できるソリューションもご提案しています。

Support Solutions for Document Production

ドキュメント制作支援の
ソリューション

どの企業でもドキュメント制作のピーク時には、社内のリソースが足りず苦労をされているのではないでしょうか。
一定のスキルを持つリソースを常時維持するには費用が掛かるうえ、制作ピークの波が激しいときは、リソース不足が発生します。リソース不足による品質のむらや社内コストの増加は制作現場における大きな課題です。

制作現場の課題

  • 制作ピークの波が激しくてリソースの維持が難しい
  • 制作マネージメントができない
  • 品質が安定しない
  • 社内コストを減らしたい

NA-MUでは、制作現場から、これらの課題を解決するお手伝いをいたします。

NA-MUのサポート

  • 制作リソース30名がバックアップ
  • 適切な工程を構築
  • 仕様の提案
  • コスト削減ポイントをレポート
ページの先頭へ